外貨両替、国債、一括借り上げなどに関するサイト

お金に関する悩みなら金融に相談してみよう

土地活用について

土地活用の方法と金額、価格の傾向について

土地は置いておくだけでは税金だけ掛かってしまい、損です。そこでおすすめなのが土地活用です。これにはさまざまな方法があります。 中でも高い利益が見込めるのが、高層の集合住宅です。なぜなら設備などの充実したマンションであれば、一戸当たりの家賃収入の金額も高くなり、戸数を増やせますのでそれを大きくふくらませることができるからです。 もちろんこうした物件を建設するための価格は高くなる傾向にあります。マンションでなくてもアパートを建てれば、そんなに建設費も大きくなりませんし、ある程度の部屋数を確保することができます。 あるいは土地活用には一戸建ての貸家を建設したり、駐車場にして貸し出すという方法もあります。立地や予算などを総合的に考える必要があります。

土地活用の歴史とその変遷を解説

土地活用の方法として最近主流の方法は、やはりマンションやアパートという集合住宅によるものです。予算がたくさんあれば一棟を建てるという方法もありますが、1室を購入して賃貸にするという方法のほうが、低コストで行えます。 やはりこうした土地活用法が主流になったのは、建築技術の変遷によって、高層住宅を建てることが可能になった、という歴史が背景にあります。特に都市部では地価が高いため、利便性の良さを多くの人が享受するためには高層物件が向いているわけです。 一方、2階建てなどのアパートも根強い人気があります。特に大学の近くなどでは一定のニーズがありますので、効率的な賃貸経営ができます。 駐車場も低コストでできるというメリットがあります。